秘密のサプライズプロポーズのためのエンゲージリングの準備・買い方

※画像:イメージ画像



プロポーズをサプライズで!

 

サプライズプロポーズ

 

彼女には秘密でサプライズプロポーズを準備したい!

 

プロポーズを考えている男性にとっては、サプライズ効果で彼女の感動をより一層大きくしたい、といった願望はありますよね!

 

昔からドラマや映画でもサプライズ的にプロポーズをするシーンはよくありますし、最近ではYouTubeなどでもサプライズプロポーズの動画に人気が集まったりしています。

 

いきなり彼と周囲の人々が一斉にダンスを始めて、その後ビックリしている彼女にプロポーズ!といった動画は、少し前に流行っていました。

 

また大人ならではの感じで、夜景がキレイに見える高層階のレストランで食事をしてプロポーズをする、というのもオーソドックスでかなり良いと思います。

 

どちらにしても、プロポーズをする際には、パカッと開けて彼女の薬指にはめてもらうエンゲージリングが必要になります。

 

サプライズでなければ、2人で一緒にお店を見てまわって、彼女に好みのものを選んで検討してもらうことが出来ますが、サプライズの場合は男性だけで選ばなければなりません

 

男性陣としては、彼女の左薬指のサイズすらアバウトな記憶だというのが大多数でしょうし、仮にサイズを把握していたとしても、どんなデザインにすればいいのでしょう?

 

女性の友達に相談してみたり、試着してもらったり、もしくは店員さんに人気のリングをヒアリングして、本当に男性側だけで全部決めてしまいますか?

 

お店に行けばわかりますが、エンゲージリングにはエンゲージ用のデザインがあります

 

安い買い物ではないですし、お互いにとって一生に一度のことなので、彼女が一番気に入ったものをプレゼントしてあげたいですよね!

 

それに、女性だってエンゲージリングを選びたいと思っているかもしれません。

 

ダイヤモンドを購入する前提で見てまわれることなんて、そうそう多くないのが普通ですし、女性はこういう買い物は大好きですよね!

 

実は、これら全てを解決しているサービスがあるんです!

 

私は知らなかったので、彼女と2人で見てまわって、気に入ったものを選んでもらったのですが、その時、店員さんに教えていただいた方法です。

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

ダイヤは男性・リングは女性が決める!

 

ダイヤは男性・リングは女性

 

婚約指輪は、男性がダイヤを選び、女性がリングを選ぶ!

 

このことは、LAZARE DIAMOND(ラザール・ダイヤモンド)銀座店で教えてもらいました。こういったことは、1度でも経験しないとわかりませんね。

 

私たちは色々とリングを見てまわった後、そのLAZARE DIAMONDでエンゲージリングを購入したのですが、どんなリングを購入したのかについては、後ほど別ページで掲載します。

 

さて、「ダイヤは男性が決める」です。石の部分ですね。

 

よくよく考えてみれば、エンゲージリングも含めて、指輪の見た目やデザイン・形というのは、リングの部分にあたりますよね。

 

そのデザイン部分であるリングについては、女性が選ぶものなので、どのデザインなら彼女が喜んでくれるのか、といったことを男性が気にする必要はまったくないわけです。

 

男性はダイヤを決めるわけですが、正直ベースで言うと、ほとんど予算で決めていきます、というか決まってきます。

 

これで良いんだと思います。これが、男性が石を選ぶ、の意味合いに当たるのでしょう!

 

ダイヤモンドには、俗に4Cといった指標でグレード分けがされています

 

店舗を訪れれば詳しく説明してもらえますが、CARAT(カラット)・CRARITY(クラリティ)・COLOR(カラー)・CUT(カット)の頭文字で4Cです。

 

カラットは重量なのでサイズと捉えてOKですし、よく聞くワードなので知っている人は多いと思います。他の指標は、ダイヤモンドの透明度(CRARITY)・色(COLOR、どれだけ無色透明なのか)・加工形状(CUT)です。

 

ご自身の予算の中で、どの部分に重点を置いて選ぶのか。COLORのグレードを少し落として、CARATを少し上げて大きさを出していくのか、等の選択は男性がしていくわけです!

 

私たちの場合だと、エンゲージリングの予算のうち、大体65%がダイヤの代金、残り35%がリングの代金でした。リングのほうにもこだわったというのもあるのですが、1つの目安になれば幸いです。

 

因みに、店舗を訪れたら、ご自分の予算はきちんと「ここまで」と金額をハッキリ伝えたほうがいいです

 

ダイヤの金額は青天井で、基本的に金額はどこまで上でもあります。最初アバウトに答えた私は、そう店員さんに言われてしまいました...



リングを決めるのはサプライズの後!

 

女性がリングを決めるタイミング

 

では、ダイヤは選んだけれども、リングを決めてない状態でどうやって彼女に渡すのか?

 

これについては、DIAMOND SHIRAISHI(ダイヤモンドシライシ)銀座店で教えてもらいました。

 

ダイヤが決まったら、そのダイヤを仮止め用のリング(プロポーズリング)にはめて指輪にしてくれるサービスがあります!

 

これで、サプライズ用の婚約指輪は完成です。プロポーズ時に、彼女の薬指にそのリングをはめることが可能になります!

 

つまり、男性陣は、石しか選ぶ必要はないんです。

 

その後の流れとして、プロポーズが成功したら、後日、今度は彼女と店を訪れて、正式にリングを選んでもらいます。

 

仮止め用のリングから、彼女が選んだリングにダイヤを付け替える、という段取りです。

 

このプロポーズ用リングは、DIAMOND SHIRAISHIでは、スマイルプロポーズリングというサービスでやっています。価格は15,000円前後です。

 

DIAMOND SHIRAISHI

 

これと似たサービスを行っているダイヤモンドブティックは、他にもいくつかありますから、気になるブランドがあるようでしたら問い合わせをしてみるのが良いでしょう。

 

また、エンゲージリングの検討となると担当者が付きますので、ショップを訪れる際には事前に予約をしておきましょう!

 

いざサプライズプロポーズ!

 

いざプロポーズ

 

サプライズでのプロポーズを検討してはみるものの、結局のところ、リングを1人で選べないから難しいと判断してしまう男性は少なからずいると思います。

 

本ページに掲載している情報も、私は事前に知りませんでした。

 

私たちがエンゲージリングを選ぶにあたって、彼女と2人でショップを見てまわっている際に、ジュエリーサロンの方に教えていただいた情報ばかりです。

 

なるほど、と思うことも多かったですが、最初から知っていたとしたら、サプライズの選択肢も検討していたかもしれません。

 

男性陣には、エンゲージリングが決められない、といった問題は、元々なかったわけです。

 

デザインにあたるリングについては、プロポーズの後に彼女にゆっくりと選んでもらいましょう!

 

プロポーズをするのは人生で1度だけ!どうせならサプライズで彼女を一層感動させたい!

 

このページが、そのような検討をしている男性陣のお役に立てたなら幸いです。健闘をお祈りしています。