ホノルルからハレイワやノースショアにはザ・バスの1DAY PASS(5.5ドル)で行ける!

※画像:ハレイワ,ノースショア



余裕があるなら足を延ばしたいノースショア・ハレイワ

 

位置的にはワイキキと真逆で少し遠い

 

私たちのハワイ挙式では、ゲストを含めた参加者全員の調整をとりやすくする面もあって、旅程を3泊5日と短く設定していたため足を延ばせなかったノースショアやハレイワまでの行き方についてです。

 

ハレイワは別名ハレイワタウンと呼ばれる、今もオールドハワイを味わえる街です。シェイブアイスやガーリックシュリンプ等のB級ローカルフードが楽しめる観光エリアとして有名です。

 

そして、同じエリアのノースショアはその高い波で世界中のサーファーの聖地として知られています。また自然のウミガメに出会えるビーチスポット(ラニアケア・ビーチ, ハレイワ・アリイ・ビーチ)等もあります。

 

サーフィンを趣味にしている私の友人もハワイ挙式に参加してくれたのですが、ノースの波は怖すぎでまず乗れないと言っていましたね。

 

この観光エリアとしても人気のあるハレイワ・ノースショアは、ホノルルやワイキキ側から訪れるには結構距離があるので、半日以上使って観光するイメージになります。

 

 

ワイキキ側からだとオアフ島を斜めに横断するような位置関係です

 

行き方としてはオプショナルツアーに申し込む、レンタカーを借りる、大人数であればタクシーをチャーターする等もありますが、ここでは最も安いザ・バスで行く方法を掲載していきます。

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

ザ・バスの1DAY PASS(5.5ドル)で行く方法

 

ザ・バスの1DAY PASSの買い方

 

まず最初にザ・バスの1DAY PASSの買い方ですが簡単です。

 

ザ・バスに乗る際にドライバーに1DAY PASSを欲しい旨を伝えて料金を支払うだけです。

 

ハレイワ方面には行けなかった私たちも、ダイアモンドヘッドやアラモアナに行くためにこの方法で1DAY PASSを購入しています。

 

ドライバー席の横に設置されている料金ボックスにドルを入れて支払い、おつりは出されません。

 

両替機のようなものもなかったはずだと思うので、おつりの要らないように1人$5.5を用意しておきましょう。

 

ワイキキ側からはアラモアナセンターを経由する

 

ワイキキ側から直接ハレイワ方面に向かうザ・バスはないので、ザ・バスのターミナルにもなっているアラモアナ・ショッピングセンターを経由します

 

アラモアナ・ショッピングセンターまでのバスは複数ありますが、8番か23番のバスを利用するとそのままハレイワ行きの始発バスに乗り換えが出来ます。

 

旅行会社のシャトルバスを利用出来るのであれば、それを使ってアラモアナ・ショッピングセンターまで行っても問題ありません。

 

ザ・バスを使ってアラモアナ・ショッピングセンターまで行くのであれば、この時に1DAY PASSを購入しておけば大丈夫です。

 

アラモアナ・ショッピングセンターからは52番バス

 

アラモアナ・ショッピングセンター山側から出るハレイワ行きの52番バスがハレイワ行きなので、それに乗ります。

 

所要時間は、アラモアナ・ショッピングセンターから約1.5時間です。

 

レンタカーやタクシーチャーターだとワイキキから1時間かからない程度なのでそれらと比較すると時間はかかりますが、コスト面ではこのルートが最安です。

 

帰りのバスも1DAY PASSをそのまま使えるので、捨てたり紛失したりしないようにして下さい。



観光は出来ないがフォトツアーで行くという手段も?

 

ハレイワフォトツアー

 

新郎新婦だけで行くのであれば、ウェディングフォトツアーを申し込んで訪れるという方法もあります。

 

ハレイワやノースショアにもフォトスポットがあります。

 

ただし、あくまでフォトツアーなので観光するような時間はありません。

 

私たちのように滞在日数があまりない中で、どうしてもハレイワにも行っておきたいという新郎新婦であれば検討してみても良いかもしれません。

 

また、フォトツアーは挙式日当日に訪れるスケジュールが多いと思いますが、挙式会場とハレイワ・ノースショアの道のりが遠いとフォトツアーの料金も少々高めに設定されている可能性はあります。

 

 

まとめ

 

※画像:ノースショア

 

ハレイワ・ノースショアまでザ・バスで行く手順まとめ

 

冒頭でも書いた通り、私たちのハワイ挙式ではその旅程を長くとっていなかったために行くリストから外してしまったハレイワ・ノースショアですが、日程に余裕がある方であれば是非とも足を延ばしたいスポットです。

 

ハワイの旅行本を見ても、ハレイワやノースショアのスポットも数多く紹介されています。

 

大人数であればタクシーをチャーターしても良いですし、ハワイの交通事情に詳しければ日本の運転免許証で運転出来るのでレンタカーを借りても良いと思います。

 

ここでは、最も安くハレイワ・ノースショアまで行けるザ・バスでの行き方について掲載してきました。

 

私たちは挙式のハワイ旅行では訪れることが出来ませんでしたが、次にオアフ島を訪れた時には必ず行きたいスポットとして既にあがっています。