ハワイで結婚式を挙げる場合の引き出物について

※画像:イメージ画像



海外挙式の場合の引き出物について

 

引き出物

 

国内の披露宴に出席すると必ず用意されている引き出物ですが、海外挙式の場合も同じように準備するのでしょうか?

 

結論から書いてしまうと、海外挙式では引き出物はあってもなくてもどちらでも良いです。

 

別に国内挙式であっても、引き出物はなくても問題ないかもしれません。

 

ただ、国内挙式の場合は、引き出物が当たり前のように準備されているので、なかなかそれを無しにするという決断はし難いと思います。

 

引き出物が、日本独特の風習というのもあるのかもしれません。

 

私たちのハワイ挙式では、やはり引き出物は準備しませんでした。別にだからと言って、ゲストへの感謝の気持ちがないということではありません。

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

海外だと帰国の際に荷物になる

 

帰国時に手荷物に

 

海外挙式の場合に、引き出物を準備しない(しなくても良い)一番の理由がこれです。

 

海外挙式の場合、引き出物は帰国の際の手荷物になってしまいます

 

カタログギフトだけならまだしも、よくあるグラス等は割れ物となってしまいますし、お菓子だけだとしても帰国時にはお土産といっしょくたです。

 

何より、引き出物を一度日本から空輸してパーティに準備した挙句、帰国時に各々日本に持ち帰るわけなので、悪い言い方をすると無駄というか、帰国時の邪魔になってしまうものを持ち込んだというか...

 

少々悪く表現してしまいましたが、この理由で海外挙式の場合は引き出物を準備しなくとも問題ないわけですし、また、ゲストも違和感を持たないわけです。

 

更に、国内披露宴ではよくある、パーティ終了後の新郎新婦によるゲストお見送りと焼き菓子の手渡しですが、ああいったこともハワイ挙式ではありません。

 

なので、引き出物なし、見送り時の焼き菓子もなしです!

 

これで全然問題ありません。挙式後に持ち帰る荷物を増やさないということです。

 

ウェディング会社の担当の方と何度も打ち合わせをしてきた中で、この件についても質問しましたが、やはり海外の場合は引き出物はなし、というケースが当たり前のように多いそうです

 

日本の習慣だから海外で挙げる場合はなくても良い、というわけではないんですね。



引き出物を準備する場合

 

準備するのなら

 

それでも、引き出物は用意したいというカップルも多くいらっしゃるかもしれません。

 

その場合は、帰国後に引き出物を郵送でお渡しするというのが良いそうです

 

帰国後であれば帰りの際の邪魔にもならないですし、グラスのような割れ物であっても配送可能です。

 

ウェディング会社に相談すれば引き出物の資料を用意してくれますし、デパートに行って自分達で選ぶのも楽しいかもしれません。勿論カタログギフトも喜ばれるでしょう。

 

帰国後ですので、webで手配しておくのも手段の1つです。

 

どちらでも良い

 

最後にもう1度結論を書いておくと、海外挙式では引き出物はあってもなくてもどちらでも良いということです!

 

引き出物を準備する分には全く問題ないですが、お渡しするのは帰国後が良いでしょう。

 

また、引き出物も挙式費用から見るとコストにあたりので、引き出物を準備せずにコスト削減したとしても、そちらのほうがマジョリティだったりするため、そちらでも全く問題ないということです。