ハワイへ衣装を持ち運ぶ場合はウェディングドレスバッグが必須!

※画像:イメージ画像



ウェディングドレスの持ち運び

 

衣装の持ち運び

 

ウェディングドレスを購入した場合、もしくは国内でドレスレンタルをした場合は、日本からハワイへドレスを手荷物で持ち運ぶ必要があります

 

ハワイに限らず海外で挙式する場合は同様です。

 

唯一持ち運ぶ必要がないケースは、現地にも支店のあるウェディング会社でドレスレンタルをしている場合です。

 

この場合は、現地に衣装が準備されているため、手ぶらで日本を出発することが出来ます。手ぶらプランですね。

 

それ以外の場合は、国内から現地へ衣装を持ち込むことになります。

 

タキシードであれば、持ち運ぶといってもスーツと同様なので、大きめのスーツケースに収納するか、スーツバッグを使って持っていけます。

 

また、ただでさえ、通常の海外旅行の時よりも荷物は多いです。特にカサ張るものが、挙式で履く革靴やヒール、またビーチ撮影時に履き替えるスニーカーです。

 

私の場合は、キャリーケースに5日分の宿泊準備と挙式で使う革靴にサンダル等、そしてタキシードはスーツバッグに入れて持ち運びました。

 

ただ、ウェディングドレスはタキシードよりももっとカサが張るので、スーツケースに収納できるほどコンパクトには折りたためませんし、スーツバッグのように簡単にも持ち運べません

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

ウェディングドレス専用のドレスバッグ

 

ドレスバッグ

 

実は、海外挙式を挙げるためにドレスを持ち運ぶには専用のドレスバッグがあって、これを使って持ち運びます

 

宿泊先に空輸しておく手段をとらない場合は、殆ど全ての人がこのドレスバッグを使用します。

 

また、ウェディング会社でドレスを購入した場合だと、このドレスバッグが付属品として付いているケースもあるので、慌てて購入する必要はありません。

 

購入先でドレスバッグが付いているのかどうかを確認してからで大丈夫です。

 

これがドレスバッグですね。このように収納してウェディングドレスを持ち運べます。

 

収納して折りたためば、大抵は機内に持ち込めるサイズになるので、クシャクシャにされないようにこのまま機内手荷物にしましょう。

 

また、ドレス購入先でこういったバッグが付いていなくても、ご自身で購入出来るので問題ありません。

 

先程のイメージのドレスバッグだと、楽天で購入出来ます。

 

【楽天】ドレスカバーや持ち運びに便利なドレスバッグ《ブラウン/茶色》

 

新品でも5,000円かからないものなので、ドレスを持ち込む必要があるようでしたら購入して準備しておきましょう。

 

また、このドレスバッグは、現地に持ち運ぶためにも必要なものですが、実は用途はそれだけではありません。

 

挙式後はドレスをご自宅に保管されることになると思いますが、ドレスバッグがあれば、丸出しのままでクローゼットに吊るすことがなくなります

 

購入前は、何とか他に持ち運べる方法を考えたりするかもしれませんが、保管する時にも必要です。保管している間はずっと使っています。

 

リユースでも問題ないのであれば、時々メルカリでも出品されていますので、まずはそちらを確認してみてからでも良いでしょうね。

 



まとめ

 

ドレスバッグはかなり必須

 

ここまで説明してきた通り、ウェディングドレスを購入した方や国内でレンタルした場合、そのドレスは挙式する現地に持ち運ぶ必要があります。

 

そして持ち運ぶ必要がある方は、このドレスバッグがないと持ち運びはかなりキツいです

 

ドレス購入時に付属としてドレスバッグが付いていないのであれば、購入して準備する必要がありますし、また挙式後は保管ケースとして使うことになります。

 

私たちが購入したウェディングドレスも、やはりドレスバッグに収納した状態でクローゼットに保管しています。

 

最後に、ウェディングドレスはドレスバッグでコンパクトに持ち運べるサイズに収納は出来ますが、ドレスそのものがかなり重たいものなので、バッグ全体としてもかなり重たくなります

 

空港までや現地での持ち運びは新郎側の役目になったりもしますので、男性視点から考えてもドレスバッグは必須のアイテムです。

 

【楽天】ドレスカバーや持ち運びに便利なドレスバッグ《ブラウン/茶色》