ハワイ挙式時のゲストの服装は指定してあげよう!

※画像:イメージ画像



ハワイ挙式時のゲストの服装

 

最も質問の多いゲスト側の服装について

 

ハワイ挙式に参列してくれるゲスト陣からの質問で最も多いのがこれ、挙式参列時のゲスト側の服装についてです。

 

ハワイ挙式というと、男性陣はアロハシャツで女性陣はムームー、これが正装だとは言いますし、実際ハワイ婚のパンフレット等を見てもこうした服装で参列しているものは多いです。

 

また、男性はパンツの長さがハーフ丈でもOKですし、逆にジャケットを着たり、もっとフォーマルな感じにしても問題ありません。

 

女性もムームーではなく、ドレスやワンピースでも全然大丈夫です。

 

ですが、これがゲストを迷わせてしまいます。ある意味何でも大丈夫だと言われても、ゲスト側の立場に立ってみるとどれを選べば良いのか決め難いです。

 

国内挙式であれば男性は礼服かスーツ、女性は礼服かパーティドレスになりますが、このようにある程度決まっていたほうがゲスト側としては圧倒的にラクです。

 

統一感

 

選び難いもう1つの理由は、自分の選んだ服装と他のゲストの服装が、あまり乖離しないようにと気を使わなければならないからです。

 

ハワイだからアロハシャツだろうと当然のように思っていたのに、実は他は全員スーツだったりするかもしれない懸念があります。

 

こうなってしまうと、念のためスーツも持って行かざるを得なくなり、ゲスト側の手荷物を増やしてしまいます。

 

この辺をきちんとナビして統一感を持たせてあげるのは、新郎新婦側の役割です

 

また、アロハやムームーに決めたところで、両親等は選ぶのが難しいかもしれません。

 

そんな時は、ドレスコードに色を加えると、より統一感が出せるしゲストも選びやすくなるとウェディング会社の担当者にアドバイスして貰いました。

 

またそもそもですが、アロハとムームーに関しては、国内で事前に準備しておくことが難しいため、基本的には現地調達になってきます。

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

私たちの挙式時のゲスト衣装

 

私たち新郎新婦側からしたら、ゲストの服装は本当に何でも良かったのですが、何でもいいというのは先程の通り相手を困らせてしまいます。

 

なので、ある程度は新郎新婦側でドレスコードを絞って伝えてあげましょう。

 

私たちがLINEで案内した内容はこんな感じです。

 

男性側の服装案内

 

まずは男性への案内からです。男性陣への衣装イメージはサンプル画像も付けて説明してました。

 

上:カジュアルシャツやアロハシャツで半袖長袖どちらも可

下:チノパン・綿パン・スラックス的なもの(ジーンズはNG)

半ズボンはNG、七分丈まで位まではOK

スニーカーやサンダルはNG

 

そしてイメージで使っていた画像がこちらです。

 

この画像は本当に役に立ちました!

 

そのままイメージが出来ますし、あとはNGを加えるだけである程度は把握して準備してくれます。

 

アロハシャツは日本国内でも準備出来るかもしれませんが、普段使いしないようでしたら現地で安く購入することも出来ます。友人達は挙式の前日に現地調達していました。

 

結果、新郎側の男性ゲスト(父と友人)は、全員がアロハシャツにチノパン、新婦側の男性ゲスト(父と兄弟)は無地もしくはストライプシャツにチノパンか綿パンといった服装で参列しています。

 

女性側の服装案内

 

特に挙式やパーティ時の服装を選ぶ場合、女性のほうが基本的に上手だと思います。

 

ですので、女性の場合はあまり指定して絞りきらずに、ハワイ挙式のイメージに合わせて着たいものを着て下さい、といったスタイルのほうが良いかもしれません。

 

ただ、着物を着たいと言われてしまったときは、それはちょっと断っておきました。

 

それと、出来れば女性には明るい色の服装であれば尚良しだと思います。

 

勿論、国内披露宴でよく見かける黒やネイビー系のダーク色でも問題はありません。

 

ただ、快晴のハワイで男性陣が様々な色使いの服装の中、女性陣がダーク系の色ばかりになってしまうよりは、明るい色使いをしてくれたほうがパーティや動画、集合写真も華やかになります。

 

この点については、新郎新婦側の希望なので、全てに当てはまるわけではないかもしれません。

 

ドレス、ワンピース、ムームー等

可能であれば明るい色の装い

NGは特になし(着物だけ)

 

結果、みんな明るい色使いのコーディネートで参加してくれましたね。

 

新郎の母親が手作りの花柄ワンピース(ムームーに見立てて自作したそうです)、新婦の母親は明るいワンピースとジャケットのセットアップ、新婦友人が黄緑色のドレスにジャケットといった服装でした。

 

ハワイ挙式では、ゲスト全員が上下の色を同じにしたり、それこそ全員が同じコーディネートをしたりするケースもあります。

 

それと比較してしまうと、私たちの場合は統一感は欠けているかもしれませんが、全員が明るい色を使ってコーディネートしてくれたので楽しい感じになり、私たちはめちゃ満足しています。



まとめ

 

ゲストの服装案内まとめ

 

国内挙式の場合と違って、ゲストの服装は本当は何でも大丈夫です。大丈夫というのは、殆どの装いはハワイ挙式に適合しています(そう見えます)。

 

さすがにTシャツやタンクトップで参加しても良いのかと言われればそれはダメだとは思いますが、わざわざ仕事の調整をつけてハワイまで結婚式に参列してくれる人たちがそんなこと言わないですね。

 

普通に考えて大抵の服装は問題ないのですが、それ故にゲスト陣はどれにしようか迷いますし、他の人たちがどんな服装で参列するのかも気になります。

 

なので、ある程度のドレスコードは新郎新婦のほうで決めてあげましょう

 

こちら側で決めてあげることで、他のゲストの服装も分かるというか同じになるので、安心感が生まれます。

 

どこまでドレスコードを絞りこむのかは新郎新婦次第ですが、決めてあげないとゲストは困ってしまいますよ。