挙式前日にモアナサーフライダーでまさかのトラブル発生

※画像:イメージ画像



挙式前日

 

モアナサーフライダー

 

こちらのページで掲載していますが、私たちが宿泊していたホテルはモアナサーフライダーです。

 

出典:tripadvisor.com(モアナサーフライダー ウェスティン リゾート&スパ)

 

 

今回は、挙式前日に発生したトラブルの話です...

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

トラブルが発覚するまで

 

家族と夕食

 

前日の夕食は、新郎側の家族、新婦側の家族、友人グループがそれぞれで夕食に出かけて行きました。

 

私も両親とロイヤルハワイアンセンター内で夕食を楽しみました。

 

その後、翌日の式の時に着る父親のアロハシャツが安く買えるお店を見つけていたので、そこへ案内してアロハを購入。

 

因みにその場所はとても近いところで、夕食をしていたロイヤルハワイアンセンターから目の前のカラカウア通りを渡ってすぐです。
T Galleria DFSとアラモアナショッピングセンターの間の細い道を入っていったあたりですね。

 

そこを入っていくと、ごく一角に、東南アジアでよく見かけるような、Tシャツやアロハシャツがぎっしりと軒先に吊るされて売られているお店があります。大人用のアロハが、$15とか$20といった程度で買えました。

 

挙式の数ヶ月前までは、式に出席する時の服装のことをみんな悩んでいましたし、現地調達の情報も確認していましたが、実際に現地調達で全然問題なかったかな、と今では思っていますね。

 

 

その後友人達と飲みに

 

両親との夕食・買い物を済ませた後、私と彼女は友人グループに合流です!たぶん、現地時間で22:00くらいだったんじゃないかと思います。

 

ホノルルの飲食店は、大体どこも23:00 ~ 23:30で営業時間が終了します

 

ABCストアのようなコンビニは夜1:00前後まで営業している場合もありますが、ショップ・飲食店はほぼほぼやっていません。

 

同じアメリカでも、グアム・サイパンだったり、ニューヨーク等とは、このあたりの勝手は違いますね。

 

とはいえ、挙式当日は朝4:00に起きなければならなかったので、トコトン遅くまで飲み続けるというよりは、日付が変わる直前くらいでちょうど良かったわけですが 笑



ホテルに着いたらトラブル発生!

 

あれ?

 

モアナサーフライダーは、客室のカテゴリやグレードで、使うエレベーターが違ってきます。

 

 

こちらでも紹介しましたが、私たちが宿泊する部屋は、パーシャル オーシャンビュータワーと言って、フロントがある建物の隣にあるような別タワーでした(敷地内は繋がっています)。

 

彼女の友人にはシティビューの部屋を用意しておいたのですが、飲んで一緒にホテルに帰ってきたときに同じエレベータに乗り込んでいたので、「あれ?」と思って聞いてみたんですが、ここで間違いないと。

 

そんな予約入れてないけどな、とは思いましたが、「え!?そうなんだ」といった感じでした。

 

因みに、私たちが泊まる部屋よりもだいぶ高層の部屋で、「あれ?」が続いていたのですが...

 

部屋が開かない

 

私たちが部屋に入った直後くらいです。

 

その友人から彼女に電話があって、カード型のルームキーをかざしてるんだけど、部屋が開かないと...

 

開けようとしている部屋の番号に間違いないのに、部屋が開かなくなっているようでした...

 

とりあえずフロントに相談するため、ロビーに集合しましたが、その時には私の中では、チェックインする時に係りの人が案内する部屋をミスしたんだろうな、といった仮説がほとんど出来上がっていました。

 

オーシャンビュータワーのほうに予約をとったわけではないのも、間違いなかったですから。

 

とはいえ、今すぐにでも解決しないといけなかったわけです。

 

なんせ、1度は案内された部屋に荷物は置いてありますし、明日の挙式のために、既に色々と広げて準備もしてあったようです。

 

ロビーに集合したのが、大体am 1:00。私たちが起床しなければいけない時刻がam 4:00。その友人達を乗せるリムジンがホテルに迎えにくるのがam 7:10。

 

時間はあまりありません...

 

そして、海外には年2回くらいのペースで旅行には行くのですが、英語は旅行できる程度の片言レベルです...

 

最終的な収束

 

ホテルの日本人スタッフ

 

日本語が出来るホテルスタッフがいないということはないとは思いましたが、時間が時間だけに心配でしたが、日本語が出来るスタッフがいてこの時は助かりました。

 

事情を話して確認してもらったところ、基本的にホテル側のミスであることを認めてくれていましたが、後の対応に関しては結構上のマネージャクラスの判断を仰がなければいけないようでした。

 

深夜なので連絡もなかなかつかないようで、その間、私たちはただ待っているだけです。

 

こちらの希望としては、ホテル側のミスで案内されてしまったグレードの良い部屋を、滞在期間中は無理だろうけど数時間後に挙式があるので、今晩はそのまま使わせてもらえないか、と。

 

ホテルのスタッフもそのように提案してくれていたようですが、判断の結果はNGでした。本来予約している部屋と、ミスで案内してしまった部屋のグレードも料金も大きく違っていたようですね。

 

オーシャンビュータワーの中でも最上階に近い部屋だったので、同じオーシャンビュータワーでも私たちの部屋よりも広くて、眺めもすごく良いんだろうな、とは簡単に推測出来ますから、ホテル側の言い分も個人的には理解できます。

 

というわけで、めでたくではないですが、彼女の友人はその後、部屋の引越しにかかり、私たちは事態の収束が出来たところで即効ベッドで寝ることに。この時の時刻がam 2:30。

 

まぁ、この頃には、まともに寝れないのは分かっていたので、気分的には問題なしですね!

 

まとめ

 

今回は、挙式前日のトラブルの話でしたが、事故や怪我ではなく、こういったトラブルであれば、まぁ思い出に残ったし、これはこれで楽しかったな、といった感じでしょうかね。

 

なのですが、この数時間後、今度は挙式会場に行く道中でもトラブルが...

 

第2弾については、また別の機会に掲載することにします。