ハワイでは雨季にあたる1月に挙式を挙げた時の実際の天気や気候と雨の降水量

※画像:ハワイビーチ



ハワイの雨季は10月 ~ 3月

 

私たちのハワイ挙式日は雨季ど真ん中の1月

 

ハワイの雨季は10月 ~ 3月で、私たちが挙式した1月は雨季のど真ん中です。

 

そんな1月を何故選んだのかというと、それはこちらの通りです。本サイトで人気のページとなっています。

 

 

ハワイ・ホノルルの平均的な年間の気温・降水量・雨の日の日数

 

Googleでホノルルの気候を調べてみると、以下のグラフが出てきます。

 

 

参考:https://www.google.co.jp 

 

ホノルルの平均的な気候で言えば、1月の最高気温は27℃、最低気温が18℃で降水量は年間を通して12月に続いて多い月です。

 

そして1月の雨の日の日数は6日となっています。これがさっと降ってすぐ止むようなスコール的な雨も1日としてカウントされているのかは不明です。

 

因みに、有名なホノルルマラソンが開催されるのは、毎年12月の第2日曜日と決まっています。12月は雨期のピークで降水量・雨の日の日数共に年間を通して最も多い月です。

 

雨季のピークの12月でも平均的な雨の日の日数は7日となってます。

 

これを少ないと捉えるか多いと捉えるかは人それぞれだと思いますが、1番雨の少ない6月でも雨の日は2日ほどあるようなので、最終的な天候はその日になってみないと分からないことです。

 

実際、ホノルルマラソンが雨季の真っ最中に開催されていたイメージを私個人は持っていませんでした。

 

データ上での平均的な気候はこれを見れば分かる通りですが、では雨季の1月に挙げた私たちのハワイ挙式の時の気候が実際どうだったのか?

 

今回はこれについて紹介しておきます。

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



私たちのハワイ挙式の旅程と実際の天候

 

私たちのハワイ挙式の旅程

 

私たちが挙式のためにハワイを訪れたのは、現地ハワイ日付で2018/1/24 ~ 2018/1/28の3泊5日です。実際の旅程はこちら。

 

 

ハワイ到着日(挙式前日)

 

ハワイに到着したのは現地時間で午前9時過ぎでしたが、この日は1日中快晴で雨やスコールもありませんでした

 

この日の行動範囲は空港からホノルル中心部のみです。

 

快晴だったので体感的な気温も結構暑くて、日本で言うと猛暑までいかない7月のような、何もしていなくても汗ばんでくる位の暑さです。

 

挙式日当日

 

この日もホノルルは雨は降らず、1日を通して晴れ時々曇りのような天候でした。

 

ただ私たちの挙式会場であるアロハ・ケ・アクア・チャペルやフォトツアーで訪れるビーチはどちらもオアフ島東海岸にあり、こちらの天候はホノルルとは少し違っています

 

基本的にこの日の東海岸も晴れ時々曇りといった天候でしたが、早朝に行ったビーチフォトツアーでは少々強い風が吹いたりしていました。

 

その後、挙式セレモニーまでは晴れ時々曇りが続いていたのですが、ガーデンパーティが始まってすぐに雨が降り出しました。

 

この雨はスコール的にさっと降った後、またすぐに晴れ時々曇りといった状態に戻っています。

 

フォトツアーや挙式撮影時にぶつからず運が良かったのか、実は私たちの滞在中で雨に出くわしたのはこの瞬間だけなので運が悪かったのかは判断の難しいところです。

 

全行程が終わって戻ってきたホノルルは、1日を通して天候は崩れていなかったようですが、同じオアフ島でもホノルルと山を越えた東海岸やノースショアのほうとの気候では違っている日もあるようです

 

挙式日翌日

 

この日もホノルルは快晴です。滞在中で1番の快晴日で、気温も日本の8月のような暑さでした。

 

山を越えた東海岸やノースショアのほうはまた天候がホノルルと異なるかもしれませんが、ホノルルやアラモアナ近辺のオアフ島南側は非常に快晴でした。

 

この日は私たちの旅程の中で全員完全にフリーな日として設けていたので、天候に恵まれて本当に良かったと思っています。

 

帰国日

 

この日もやっぱり快晴です。

 

私たちの滞在中はホノルル中心部はずっと晴れていて、まったく雨季を感じませんでした。

 

ただ現地の人の話だと、私たちが滞在する直前までは毎日のように雨や雷雨のような天候で、久しぶりに良い天気になったようでしたね。

 

私たちの日程はたまたま天候に恵まれただけで、ホノルルなら雨季でも絶対大丈夫というわけではなさそうです。



まとめ

 

※画像:ワイキキビーチ

 

最初は当日の天候のことを甘く考えていた

 

私たちは当初、ハワイ挙式のコストを抑えるため天候については少々甘く考えてきていました。

 

しかし挙式日が近づくに連れてやはり当日の天候が気になってきます。気にしても仕方のないことなのですが。

 

挙式を行うチャペルは当然ですが、ガーデンパーティを行う会場にも屋根は付いているので、最悪雨でも挙式は決行されます

 

でもビーチやホノルルの街中で行う野外フォトツアー等はどうなってしまうのでしょうかね。

 

こういったリスクは雨期だけではなく乾季のシーズンでも運悪く雨の日にぶつかってしまうことも考えられますので、雨の場合のシナリオはウェディング会社に確認して把握しておきましょう

 

私たちの1月のハワイ挙式の天候まとめ

 

私たちの場合は、雨季の中でもかなり天候に恵まれたほうだと思います。

 

なにせ滞在中のホノルルは雨はおろか、スコールのような雨すら1度も降ることはありませんでした。

 

ただオアフ島でも、山を越えた東海岸やノースショアのほうの天候とホノルルの天候は少し違ってくる場合もあります。

 

乾季でも雨が降る日はありますし、雨季でも晴れる日はあります。ここばかりは誰もどうしようもないことなので祈るくらいしか出来ないのかもしれません。

 

もちろん晴れの確率を高めるのであれば、乾季の期間(4月 ~ 9月)での挙式を検討するに限りますよ。