ハワイ挙式の日取りは旅費が安い時期を狙って決定したよ!

※画像:ホノルル街中



挙式日は最初に決定する必要がある

 

挙式日を決めるための要素

 

ハワイ挙式を準備していく上で1番最初に決めるのが、挙式日をいつに設定するかです。

 

この辺の日程でというボンヤリとしたイメージ位は持ってウェディング会社との打ち合わせに臨んでいるとは思いますが、そこでは何月何日に結婚式を挙げるといった具体的な日付の決定を最初の段階で決めていきます。

 

 

挙式日候補を決めるための要素

 

入籍を挙式後に行うカップルであれば、その希望日から挙式日を決定することが出来ますが、ハワイ挙式の準備には10ヵ月前後の期間がかかることもあって実際には既に入籍済だというカップルも多いです。

 

そういったカップルの場合、最初の段階で挙式日から決めると言われても困ってしまうかもしれません。

 

でも海外挙式の準備は、挙式日を決定して会場を抑えてから細かいことを決めていくので、皆そこから始まります。

 

そんな時に挙式日候補を決める要素としては、まず大安や先勝といったお日柄と各々のスケジュールが挙げられます。

 

スケジュールと言っても約8ヵ月 ~ 1年先のことになるので、スケジュールというよりは曜日を要素にするといった感じです。

 

親族や友人ゲストを呼ぶ場合に限った話ですが、仕事の調整を付けやすい土日を含んだ旅程を考慮しての日取りにするという方法です。

 

結婚式を挙げる新郎新婦本人とゲスト陣とでは、ゲスト陣のほうが遥かに仕事の調整を付け難いためです。

 

私たちはこういった要素に加えて、ハワイの旅費が安い時期という要素を加え、最初の段階であっても比較的悩まずに挙式日を決めることが出来ています。

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

ハワイの旅費が安い時期

 

先程の通り、私たちはウェディング会社のプランナーとハワイの旅費が安い時期で挙式の日取りを検討してきました。

 

その時の検討で出てきたハワイの旅費の安い時期を以降で挙げていきます。

 

また旅費は為替相場や原油相場の変動によっても、同じ時期でも昨年よりも安い、もしくは高いといったこともありますが、時期として安いというのはこちらです。

 

4月 ~ 6月

 

まず、GWとその前後を除いた4月 ~ 6月です。

 

特に5月中旬以降から6月末までがハワイへの旅費が最も安い時期という情報もあります。

 

日本の6月は祝日がない月なので、みなさん旅行に行くようなシーズンではありません。

 

そして、基本的にはこういった時期が旅費の安いシーズンになります。

 

6月といえばジューンブライドに当たりますが、元々この言葉は「6月に結婚すると幸せになれる」という、この時期気候の良いヨーロッパの言葉です。

 

それを企業戦略的に梅雨の時期の日本に広め、これまで避けられていた天候のあやふやな時期での挙式を促したという話もあります。

 

日本では雨のシーズンの6月ですが、実はその時期のハワイは乾季の真っ只中です。

 

1年間で最も旅費の安い6月がハワイでは乾季のシーズンに当たっています

 

1月

 

続いて、年始の冬休み期間を除いた1月です。

 

前提として、長期休みが取得可能な夏休み・冬休み・GWの期間がハワイへの旅行費が最も高い時期です。

 

しかし1月も冬休みを過ぎた中旬頃からは旅費が安い時期に入ってきます。

 

因みに年末の12月は、毎年第2日曜日にホノルルマラソンが開催されるため、そこからお正月までの時期は夏に続いて旅費が高い時期になります。

 

2月・10月

 

更に挙げるのであれば、2月と10月です。そして11月も安いほうの部類に入ります。

 

というのも、ハワイでは10月 ~ 3月の期間が雨季に当たります。

 

それでも、先程のホノルルマラソンが開催される12月から1月の冬休み期間はハワイへの旅費が高い時期に当たっていますが、それ以外の雨季のシーズンであれば基本的にはどこでも旅費の安い時期に当たります。

 

また雨季と言っても、日本の雨の日のように1日中止まない日ばかりではなく、スコール的に短時間の雨が降ってまたすぐ晴れるという降り方をしたりもします。

 

私たちの場合

 

私たちの場合は、この中から1月下旬を選んでいます。

 

純粋に選べるのなら、ハワイが乾季のシーズンに入っていて、且つジューンブライドでもある6月を第一候補としたいところです。

 

しかし私たちはウェディング会社を始めて訪れたのがちょうどXmasだったため、6月では半年間しか準備期間がありませんでした。

 

またハワイの6月はコンディションが良い上に旅費の安い時期とも重なっているため、挙式日候補として非常に人気が高いです。

 

半年程度先では、希望していた式場の予約もあらかた埋まっていたりもします。

 

ハワイの6月挙式を狙うのであれば、その約10ヵ月前の夏休みあたりにウェディング会社を訪れることが出来れば丁度良いと思います。



海外挙式費用において旅費の占める割合は大きい

 

旅費の割合

 

海外挙式の費用全体の中で、旅費が占めている割合は大きいです。

 

私たちの場合だと、ハワイ挙式の総費用が約351万円、その中で旅費は約141万円です。実に約40%が旅費です。

 

 

旅費の安い時期を狙って1頭につき数万円の旅費の差を出すことが出来れば、それは本人分の旅費に加えてお互いの両親や兄弟の分となった時に、最終的に大きな金額の差を作ることが出来ます

 

旅費を誰が出すのかについては別問題ですが、どなたが出すにしろ旅費が安いのであればそれに越したことはありません

 

ホテルや飛行機のグレードを落として抑えるという方法もあるかもしれませんが、これまでの通り、安い時期を狙うといった方法もあります。

 

また折角の挙式のためのハワイ渡航ですので、それらのグレードは下げたくないというのが本音だと思います。

 

 

常に開催されているハワイセール

 

※画像:ワイキキ

 

Expediaのハワイセール

 

私たちが海外に旅行する時に毎回利用しているExpedia では、毎日ハワイセールが開催されています。

 

最低保証価格制度をとっているため、同じホテルの同じ部屋であれば基本的に最も安いです。

 

仮に他のサイトで更に安いものがあった場合は、Expediaに連絡すれば差額分に1,000円を加えた形で返金してくれます。

 

https://www.expedia.co.jp

 

 

注意点としては、一旦Expediaで予約をすると以降キャンセル出来ないケースがあることと、ツアーではないので予約出来るのはホテルと航空券のみであるという2点です。

 

ハワイ挙式の旅行予約ですのでキャンセルすることは考え難いですが、ホテルや航空券は予約する前の段階でよく吟味しておく必要はあるでしょう。

 

私たちのハワイ挙式の場合は、本人分に加えてお互いの両親・兄弟分についてもExpediaで旅行の予約を抑えています。