ハワイ挙式の際、宿泊ホテルの朝食を付けるべきか、付けなくても大丈夫か

※画像:イメージ画像



ホテルの朝食

 

モアナサーフライダーのザ・ベランダ

 

私たちが宿泊したモアナサーフライダーには、有名な朝食があります。

 

それがTHE VERANDA(ザ・ベランダ)

 

出典:tripadvisor.com(THE VERANDA)

 

この画像だと少々分り難いですが、席の向こう側に見えているパラソルのあるあたりは、モアナサーフライダーのTHE BEACH BAR(ザ・ビーチ・バー)なので、また別です。

 

親族分も含めて挙式用の旅程を組むにあたり、宿泊中ここの朝食を付けるべきか、付けなくても問題ないのかを検討していたので、結局どうしたのか掲載しておきます。

 

このベランダの朝食料金は大人1名$36で、詳細は公式サイトにも掲載されています。

 

MOANA SURFRIDER 公式

▼ マイナビウェディング
 
海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説
 



 

ホテル朝食がとれる日・とれない日

 

挙式の旅程

 

私たちの旅程は、こちらのページでも掲載しましたが、3泊5日の、どちらかというと弾丸的な挙式の旅程です。

 

 

当然ハワイに到着した日の朝食は必要ありません。

 

また、翌日の挙式当日は、朝9:00には参列者の送迎用にリムジンが到着するので、その時間までには参列の支度をしてロビーに集合していなければならず、ベランダでのんびり優雅に朝食というのは時間的に厳しいです。

 

なので、そもそも私たちの旅程でホテル朝食をとることが出来る日というのが、挙式の翌日の1日フリーな日と帰国する日の2日間のみでした

 

おおよその合計金額

 

 

こちらの記事でも掲載しましたが、親族分の旅費は私たちで準備することにしていたため、一旦ベランダ2日分×大人9名(本人含む)で計算してみます。

 

$36 × 9名 × 2日分 = $648

 

当時のレートが107~108円だったので、約7万円くらいでしょうか。

 

因みに、帰国する日は11:00がチェックアウトでその後はそのまま空港へ向かう予定だったので、この日の朝食は不要という判断であれば、朝食は1日分だけなので半分の$324です。

 



結論・まとめ

 

私たちの選択

 

私たちが最終的にとった選択としては、朝食は付けませんでした。

 

正直ベースで言うと、私たちだけの海外旅行であったら付けたかもしれません。全員分となると、やはり金額も膨れてきます。

 

今回の挙式旅行は、基本的にはお互いの両親をもてなす気持ちも含めていたつもりだったため、かなり迷った挙句の結論ではありましたが。

 

結果

 

ただ、結果としては、みんなハワイを楽しんでくれたようで、誰からも朝食がないことで何か言われたりはしませんでした

 

早朝はビーチを散歩する、ABCストアでサンドイッチを買って食べる、オアフ島からハワイ島に観光に行く、ホノルルの観光ツアーを申し込んでいる等、それぞれが既に行動を予定してくれていたため、そもそも朝食をどうしようか?といった悩み・迷いを各々持っていなかったように見えました

 

私たちも、そこまで気負う必要はなかったのかもしれませんね。

 

ベランダが有名だったため少し迷ってもいたのですが、食べるのであれば各々で食べてもらえれば良いかな、といった少し甘えた結論だったかなとは思ったりもしましたが。

 

私たちも最終日、チェックアウト時間より前に外出して、別のショップに朝食を食べに行きました。

 

モアナの周辺にはいくつもショップがあるので、実は朝食を予約して固定させてしまう必要はなかったんだと思っています

 

勿論、予約があったらあったで良いとは思いますが、なくても大丈夫だというのが、終わってみての私の意見です。

 

なければないでショップを検討する自由が生まれますから、そこまで堅く考える必要は私たちの場合はありませんでした。

 

終わってみないと分からないことでもあると思うので、少しでも参考となれば幸いですね。

 

私たちは結局ベランダには行きませんでしたが、ザ・ビーチ・バーのほうは席が空いていれば気軽に入って飲めるので、こちらのほうで楽しめました!

▼ 私たちが利用したウェディング会社
 
ワタベウェディング